車座ふるさとトーク in 大阪

実施報告掲載

泉佐野市(平成29年12月13日開催)

出席大臣等
上川法務大臣

実施府省庁 法務省
開催日時 平成29年12月13日(水)14:45~16:05
開催場所 関西国際空港内関西エアポート(株)1階会議室
(大阪府泉佐野市)
テーマ 「観光先進国に向けて~入国審査に期待すること~」
参加者数 11名
プログラム ・上川法務大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 法務省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 旅行会社の営業所では、到着便が重なる時間帯は最大限のスタッフで対応しても行列ができてしまう。入国審査場も時間帯によっては同様の状況に見受けられる。入国管理局においても、スタッフ全体での助け合いでシフトを考えながら運営していくようお願いしたい。
  • 入国審査に時間がかかって疲れてしまって、この後ここに行こうと思ったのに行けなかった、という話も聞く。入国審査にかかる時間が短ければ短いほどお客様の疲れも少なくなり、その分色々な所に買い物等に行っていただくことができて、経済もうまく回っていくのではないか。
  • 関西空港において、お客様の満足度を阻害することは何かというアンケート調査を実施している。どのお客様も筆頭に上げるのは手続、チェックイン・カウンター、保安検査場、入国審査場等列ができる場所での待ち時間であり、これが満足度を下げている最大の要因だということは共通かつ圧倒的な意見。最近は、バイオカート(※1)の導入、増員、ブース増設により入国管理局の体制が相当強化されたので、改善されて非常に良くなっている。
  • ガイド60名及び通訳案内士にアンケートを取った際にプライベート・ジェットで関西空港へ来た重要なポストにおられる方が、いわゆるファーストレーンでなく一般ブースに並ばされ、大変不便な思いをしたという意見があった。
  • 訪日外国人の方が最初に日本に対し思い描いているイメージは、安心で安全、そして綺麗な国だということ。入国審査官が短い時間で行う厳しい審査と、そこで見抜く力が、実際に安心と安全を守っていると日々感じる。
  • 入国審査にはスピード感を持てということだが、入国審査は本当に水際であり、やはりここでテロリストや世界で問題になっている人達をうまく選別いただくことが大事なので、そのための取組を更にやっていく必要がある。
    関西の特徴として、旅行者の7、8割が中国、韓国、台湾の方であり、英語だけではなかなかうまくいかない。大阪全体でも、電車内、相談窓口、表示等は、中国語や韓国語を使って案内しているが、入国審査の多言語化といった取組もお願いできればと思う。
  • 訪日外国人が増加する中で、災害時に政府としてどのように外国の人々を救うのかはとても大きな課題だと思う。
  • 外国の方が日本に訪れて最初に接するのは入国審査官を含む空港スタッフであるので、日本人と日本の第一印象を決めるのはやはり空港スタッフだと思う。短時間の審査では難しいかもしれないが、一瞬でも笑顔で接したり、温かく旅行客を迎え見送るというおもてなしがあれば、また日本に来たいと思ってもらえるのではないか。災害時の対応も含め、あらゆるトラブルに臨機応変かつ冷静に対処できる方がいれば、素晴らしいことではないか。
  • 入国審査に関する意見として「入国審査官が怖かった」、「書類に不備があって指摘を受けた時の対応があまり良い印象ではなかった」などの声を頂くことが多い。LCCの就航にともなって、海外旅行自体が初めてで入国審査がどういうものなのかを理解していない方が増えてきている。入国審査官は毅然とした態度で対応しているのだとは思うが、お客様の感じ方によっては日本の印象を下げてしまっていることもあると思う。審査に対する認識を深めるためにも、例えば待ち時間に審査手続について周知したり、多言語に対応するなどの改善をしていかないといけないと思う。
  • 顧客満足度を上げることが一番大事。海外旅行に行った時に入国審査で怖い顔をされると、その時点で怖い国というイメージが定着してしまうので、笑顔で接するということが大事。
  • 挨拶は良いと思うが、笑顔は業務的にしっくりこない。私は自動化ゲート(※2)に登録しているが、ストレスもなく快適。人と接する際のヒューマンエラーを減らせているので、そういった取組も素敵だと思う。

※1:バイオカートとは、上陸審査待ち時間を活用して個人識別情報を事前に取得するための機器
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00110.html

※2:自動化ゲートとは、パスポートと指紋の照合により本人確認を行い、自動的に出入国手続きを行うことができるシステム
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00111.html

吹田市(平成27年3月22日開催)

出席大臣等
高木経済産業副大臣

実施府省庁 経済産業省
開催日時 平成27年3月22日(日)10:00~11:30
開催場所 吹田市役所
(大阪府吹田市)
テーマ 女性の力で企業を、社会を元気にする
参加者数 11名
プログラム ・高木経済産業副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 経済産業省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 子供同伴で買物に行きにくいといった育児中の女性が抱える悩みを解消できたらと思い、その経験をビジネスにいかし売上げにつなげてきた。
  • 母親の視点で健全な子孫の繁栄に貢献したいことをモットーに商品開発をしている。
  • これまで女性が介護や子育てをきっかけに会社を辞めていくことを現場で見てきた。そういったときに組織基盤を整えるためのサポートが国からあると良い。
  • 女性は工夫が上手く、柔軟性が高いと思う。家族が、女性が働くことを理解し、地域で育児ができる仕組みを作ってほしいし、女性も男性もいろいろな働き方ができる社会になってほしい。
  • 若手女性社員が女性の先輩社員を見て幸せそうに見えないと、女性が会社で長く働こうと思わない。
  • 女性の社会進出には保育所等のハード面の充実も大切だが、男性も含めたワークライフバランスの改善が重要である。
  • 性別、国籍、障害の有無を問わず幅広く採用し、育成することが重要。それが女性の管理職を増やすことにもつながる。
  • 親世代も含めた女性像の再構築が必要。女性が活躍できる制度はあるが、親世代の古い価値観がリミッターとなっている。
  • 女性が社会で活躍するには、男性の働き方も変えなくてはならない。長時間働くことが評価される日本の風土を変えないといけない。
  • アメリカに行ったときにダイバーシティの観点で日本が遅れていることを実感した。
  • 地域の住民同士のネットワークで地域資源をいかし、自分の存在を地域の中で感じることができれば、それは幸せにつながると思う。この幸せをつないでいくことが地域活性化につながると思う。

東大阪市(平成25年11月14日開催)

出席大臣等
葉梨財務大臣政務官

実施府省庁 財務省
開催日時 平成25年11月14日(木)13:20~14:50
開催場所 東大阪市立文化会館
(大阪府東大阪市)
テーマ 消費税率等の引上げとそれに伴う対応について
参加者数 14名
プログラム ・葉梨財務大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 財務省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 財政ひっ迫、国際的な財政に関する説明責任を考えると消費税の引上げは妥当であると考えるが、税金の無駄使いをなくすとか、所得の多いところや資産があるところ等からしっかり取れるような税制の再考が必要。
  • 食料品や教育費等生活に密接に関わっているものは非課税にするなど、軽減税率の導入を考えていただきたい。
  • 高齢化社会が進展する中、国民に広く負担をしていただくという意味で消費税を上げるということはやむを得ないが、きちんと有効に使っていただきたい。国民は消費税率が引上げられることの趣旨や背景について理解していると思うが、増税分の使い道やどのような結果が出たのかを、みんなが分るようにきちんと説明していただきたい。
  • 地元企業を対象とした調査では、「消費税率が引上げられることで景気が悪くなるのではないか」、「消費増税分を価格転嫁できないのではないか」ということを懸念する声が多かった。
  • 負担の増加に伴って給与も増加していかないと消費の低下につながるため、それを補うことができるのか少し不安もある。
  • 社会的に自立した高齢者を増やすために、社会保障を維持して欲しいが、そのために若い人にこれ以上負担をかけないため、消費税で負担することはやむを得ない。
  • 介護・福祉分野の雇用はミスマッチが拡大している。キャリアパス制度等を国でも進めていただいているが、こういう専門職の待遇をしっかりしていただくことが必要。
  • 将来世代に借金を背負わせるべきではないと考えており、消費税率の引上げについては賛成で、更なる引上げも必要と思っている。一方で、政府の財布の紐が緩みだしている気がしており、財政健全化の方に目を向けていただきたい。低所得の方へは、軽減税率ではなく、給付で対応してほしい。
このウィンドウを閉じる