車座ふるさとトーク in 栃木

実施報告掲載

足利市(平成30年2月19日開催)

出席大臣等
村井内閣府大臣政務官(金融担当)

実施府省庁 金融庁
開催日時 平成30年2月19日(月)13:30~15:00
開催場所 栃木県足利庁舎
(栃木県足利市)
テーマ お金と暮らし(つみたてNISAのスタートとその意義)
参加者数 12名
リンク先 開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 実際につみたてNISAを始めようと銀行に行った際、手続きが非常に面倒であったので、初心者にも分かりやすいように手続きを簡素化してほしい。
  • NISAとつみたてNISAは選択制というが、一度選択したら変更することができないわけではなく、どちらで投資するかは1年ごとに選択が可能、過去に買った商品も売却する必要が無い、ということについて、もっと説明するといいのではないか。
  • 投資に触れるきっかけがなく、NISAと聞いても意味が分からない。若い人にももっと分かりやすいようにしてほしい。
  • 元本割れの可能性がある等少しでもリスクがあるものはやりたくない。若い人に勧めるにしても、リスクがどういうものなのか分かっていない状態で勧めるのはいかがかと思う。金融教育をしっかりする等、リスクを理解してから始められるように丁寧に勧めてほしい。
  • (リスク等を理解して)分別を持ったやり方でやるのであれば、つみたてNISAは、現預金で資産を持つよりも良いのではないかと思った。
  • 定年退職者としては、預貯金が増えるということよりもまず、手元のお金を減らさず、それを維持したいと考えている。つみたてNISAのような制度が、10年、20年前の自分が現役であった際に選択肢としてあればよかったなと思う。
  • これから子供たちに進学等でお金が必要になる中、預貯金を取り崩しながら生活をしていくことになることを考えると、いかにこれまで貯めてきたものを増やすかという観点から、非課税で投資ができるつみたてNISAにはとても興味が湧いた。
  • 少し投資経験があり、つみたてNISAは良い制度だと感じている。若い世代、特に結婚する前の世代はお金を貯めやすいと思うので、もっと若い世代につみたてNISAを広めてほしい。そのためには、小さいうちから金融教育をしていく必要があると考える。
  • 消費生活相談員として相談を受けていると、金融商品の売り手が高齢者に対して、ちゃんと買い手に合った適切な商品を勧めておらず、また消費者もリスク等をしっかり理解しないまま購入していると思われる相談があり、投資に対しポジティブになれないでいる。
  • 日本で投資が定着していないのは、日本人の資質というよりは、金融教育が不足しているからだと思う。学校教育において、なぜ投資するのかという投資の意味、ひいては社会貢献の意味をしっかり教育すべき。
  • NISAやつみたてNISAの期限を無期限にしてほしい。

茂木町(平成28年1月30日開催)

出席大臣等
土井国土交通副大臣

実施府省庁 国土交通省
開催日時 平成28年1月30日(土)13:00~14:00
開催場所 茂木町保健福祉センター元気アップ館
(栃木県茂木町)
テーマ 「道の駅」と地域の活性化
参加者数 10名
プログラム ・土井国土交通副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 国土交通省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 中山間地域のため大量生産は困難であることから、小規模で収益性の高い農産物を生産し、道の駅でのブランド化により農家の収益向上に繋げていくことを考えていきたい。また、栽培技術講習を通じて農家の後継者を育成していくことが重要である。
  • 道の駅の防災館には、昭和61年の水害を後世に伝えるため、写真を掲示するとともに、災害時は、道の駅が避難場所としても機能している。また、子ども達の防災教育の場としても活用している。
  • 地方創生の一番大事なことは、仕事があること。小規模な商工業者が、道の駅と連携を図り、活性化を図る取り組みが重要である。
  • 道の駅から一日4回販売状況のメールが来ることにより、新鮮な野菜が随時補給でき、生産者のやりがいに繋がっている。
  • 車イスの方々に安心して買い物ができるようにしていくことが必要。
  • 道の駅の花壇の整備を通じ、来場者の方々が花を楽しみにしているので我々高齢者のやりがいとなっている。
  • 子育て世代の女性にとって道の駅は広場や遊び場があり、買い物もできるので子供と遊ぶのにとってもよい施設。
  • 雨のときでも遊べるような屋内施設があるといい。
  • 道の駅だけでなく周辺観光地も含めた面で連携していく必要があり、そのために、高速道路網は整備されてきているが、今後は、インターからのアクセスや連携強化が重要。
  • この道の駅をつくるに当たり、トイレに力を入れ中心に配置した。古くなってきたので今後はトイレの更新も考えていくべきである。

宇都宮市(平成26年2月1日開催)

出席大臣等
吉川農林水産副大臣

実施府省庁 農林水産省
開催日時 平成26年2月1日(土)13:00~14:30
開催場所 とちぎアグリプラザ
(栃木県宇都宮市)
テーマ 新規就農の促進について
参加者数 12名
プログラム ・吉川農林水産副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 農林水産省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

(1)新規就農関係
  • 若い人の新しい発想で農業が活性化すれば、地域全体も活性化していくと思っており、自分が就農したら、若い人がやりたいと思えるような農業をしていきたい。
  • 将来は、自分も研修生を受け入れ、宇都宮のトマトを盛り上げていきたい。
  • すぐに自営できない就農希望者は農業生産法人で働いてくださいと胸を張って言えるような法人を目指したい。
  • これから新規就農する者にとって、先に新規就農された若い方の話は大変参考になるので、このような機会が定期的にあると役に立つと思う。
  • 自分も就農に苦労したので、これから新規就農される方はどんどん自分のところに話を聞きに来てくれるとうれしい。
  • 就農に当たっては、地方公共団体、国の関係者や、農協の部会、営農指導員などとのつながりが大事である。
  • 週末に休みを取れない新規就農希望者がいるので、就農相談フェアは平日にも開催して欲しい。
  • 青年就農給付金のおかげで就農準備校に通うことができた。
  • 10年前に比べて、就農相談に人が来るようになったと実感しており、青年就農給付金の効果はあると考えている。
  • 就農するに当たって、経営が軌道に乗るまでの生活費を2年分用意した。
  • 家族が多い場合は、青年就農給付金をもう少し増額してもらえるとありがたい。
(2)その他
  • 新規就農に当たって、農地法で定める50a以上の農地の取得がネックとなる場合がある。
  • 農地保有合理化法人は、預かった農地を大規模農家や集落営農に貸す傾向があり、小規模な施設園芸等の新規就農者は、農地を入手できにくい状況にある。新規就農者も農地を入手できるように、農地中間管理機構の活動に期待している。
  • いちご栽培の作業場等の建設は農地転用の許可が必要となり、農地の貸し主側が渋る場合がある。
  • 貸した農地の管理が悪いと自分の評判が悪くなるので、農業の経験者に借りてもらいたいという農家もいる。
  • 新規就農希望者が農地を取得するに当たっては、まずは就農予定地域に通い詰めて地元の農家の信頼を得て、その上で農業委員会等に相談するようにアドバイスしている。
  • 新規就農者が農地を探しやすいように、新規就農者の相談を受けてくれる者が集落にいると助かる。
  • 農業団地を造成して、農業をやりたい方が入ってきやすいような環境を整えてはどうか。
  • 新規就農者が農業機械への初期投資を抑えられるように、引退する農家が所有する農業機械を新規就農者が譲り受けられる仕組みがあるといい。
  • 決算書の内容が悪くても、規模拡大や経営の多角化を進めようとする場合に支援をお願いしたい。
  • 親と同居せず通いで親元就農する者も増えてきているが、このような農家子弟は農業委員会の選挙権がない場合があるので、改善が必要と考える。
  • 年金受給者の中には、採算度外視の極端に低い価格で直売所に出品する人がいて、他の農家の販売・経営に悪い影響を及ぼしている。
このウィンドウを閉じる