車座ふるさとトーク in 鳥取

実施報告掲載

鳥取市(平成29年9月20日開催)

出席大臣等
村井内閣府大臣政務官(金融担当)

実施府省庁 金融庁
開催日時 平成29年9月20日(水)14:00~15:30
開催場所 鳥取県立図書館 小研修室
(鳥取県鳥取市)
テーマ お金と暮らし(つみたてNISAのスタートとその意義)
参加者数 12名
プログラム ・村井内閣府大臣政務官(金融担当)からの挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 金融庁ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 20年近く金融関係の仕事に携わっているが、NISAがスタートした際は、問い合わせが多かった。しかし、最近ではそういった問い合わせは少なく、ブームが去った印象がある。今後いかにPRをしていくかで変わっていくと思う。
  • 保険に比べ、投資は手が出しにくいイメージがある。今後安定した収入が期待できれば、将来の子供のため、学資保険のようにつみたてNISAを始めていきたい。
  • 従来のNISAでは非課税期間が5年であったが、つみたてNISAはその期間が20年となっており、長期でリスクを分散できる点は魅力的である。それゆえ20年という期間があるので、多少リスクのある金融商品が対象となってもよいと思う。
  • 投資に関しては全くの無知であったので、つみたてNISAについて調べてみたが、詳しくは分からなかった。投資額は自由に選べるので興味はあるが、今の段階では20年後をイメージすることは難しい。結婚・出産を機に考えてみたい。
  • 経営者の中には、投資に詳しく、活発的に投資を行っている者がいる一方で、従業員や主婦等は投資の検討に充分な時間がとれず、結果として投資ができないというのが現状ではないか。行政が主体となって、いかに投資のハードルを下げていくかが重要であると思う。
  • 大学生は、投資をするにはまとまったお金がなく、どうしてもリスクや失敗した時のことを考えてしまう。始めるとしたらどのくらいの金額から始めればよいのか等の目安があるとよいと思う。
  • 消費者団体としては、詐欺対策に力を入れている立場なだけに、投資を促進することは難しい。国が率先し、一般の方でも分かるようなPRをしていただきたい。詐欺や預金利率を懸念し、「タンス預金」をしている人も多いので、そのお金をいかに投資に変えていくかが重要であると考える。
  • 行政としては、若いうちからのつみたてNISAという取組を積極的に進めるべきである。現在、金融機関のカードローン問題も深刻化しているが、金融リテラシーの向上という観点で、うまくつみたてNISAと噛み合っていけばよいと思う。
  • 仕事柄、学生がどういうものを求めているかをつかめる立場にある。つみたてNISAは、若い人をターゲットにしているようであるが、今の学生には資金力はなく、またその親も苦しい状況にある中で、若い世代につみたてNISAが響くのか懸念している。
  • 投資について、周囲にはやっている人もいるが私は関心がない。今回の車座ふるさとトークにおいてとても良い話が聞けたと思う。こういう機会が多くあれば、投資の世界に飛び込む事も可能になるのではないか。限られた資金の中で、老後をどのように過ごしていくのか悩む。投資をするのであれば、1つの会社が儲かるというのではなく、世界全体が豊かになるような、そんな中で自分も少し豊かになれるような投資がしたい。
  • 自分は株等の投資をしてきたが、消費のあり方を考える上で、働いて稼いだお金よりも投資で稼いだお金のほうが消費に回しやすいと考える。
  • つみたてNISAは、金融庁が公表している商品から選択するということなので初心者でも始められると思うが、投資者は長期間の積立であることを理解しておく必要があると思う。
  • 自分に必要であるものを見極めつつ、どこから投資をするお金を捻出するのかをしっかり考えるべきである。
  • 投資を個人レベルの話にするのではなく、投資をすることで国や県全体が豊かになっていくような取組が必要であり、そういった部分を行政には期待したい。
  • 親世代からしっかりと資産形成をしていくことで、子供の世代にもうまく波及させていければよいと思う。

境港市(平成29年2月11日開催)

出席大臣等
小田原外務大臣政務官

実施府省庁 外務省
開催日時 平成29年2月11日(土)13:30~15:00
開催場所 夢みなとタワー
(鳥取県境港市)
テーマ 外国人観光客の拡大・海外への鳥取県の魅力発信
参加者数 4名(9名の方の参加を予定していたが、荒天により、会場への交通が確保できた方のみで開催した)
プログラム ・小田原外務大臣政務官挨拶
・参加者による自己紹介
・小田原外務大臣政務官による政府の取組説明
・意見交換
リンク先 外務省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

外国人観光客の拡大
  • 最近、境港に大型客船が来港するようになった。境港には、港や空港があり、境港のみならず、米子、そして県境を越えた松江、出雲を含め65万人が居住するエリアの玄関口である。この地域内はインバウンドの拡大に非常に熱心であり、連携もよく取れている。
  • 外国人観光客には、東京・大阪など代表的な大都市と、地方の小都市を組み合わせて訪問することが人気である。鳥取のような地方は、東京や大阪と競合関係にはない。
  • 山陰地方は、伝統文化、温泉、海水浴、和食を楽しめるため魅力的である。交通網がより便利になれば、さらなる観光客増加が見込める。交通費をはじめとした費用が高くないことも誘客には重要である。
  • 当地には良い病院、温泉が多いため、メディカル・ツーリズムを促進していきたい。
  • 外国人の日本酒に対する関心は高い。しかし、免税手続のための書類作成に20分程度要するため、買うのをあきらめてしまうことが多い。免税手続の簡素化をお願いしたい。
輸出の促進
  • 東日本大震災後、中国・韓国への酒類の輸出に際して、原産地証明書の添付が義務付けられているが、証明書の発行に1週間程度要するため、商機を逃すことがある。原産地証明書の提出義務を緩和・撤廃するよう、政治レベルで中国・韓国に働きかけてほしい。
  • 日本国内の基準を満たしている水産物は安全であるが、風評被害は依然として問題である。輸出促進のため、政府が鮮魚や水産加工品の検査費用を補助することは効果的ではないか。
  • 外国には、日本の水産物の現物を見たいというニーズがあるので、中国、韓国、ロシアや東南アジアに水産物を含む日本の商品サンプルを見てもらえるような拠点を作ってほしい。

米子市(平成27年2月2日開催)

出席大臣等
青木国土交通大臣政務官

実施府省庁 国土交通省
開催日時 平成27年2月2日(月)13:30~14:45
開催場所 米子コンベンションセンター第6会議室
(鳥取県米子市末広町294)
テーマ 人口減少社会における中海・宍道湖・大山圏域の将来ビジョン
参加者数 11名
プログラム ・青木国土交通大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 国土交通省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 公共交通網の充実により米子から出雲までをうまくネットワークでつなぐことが大きな課題。
  • 観光地、観光施設や食材など素材をトータル的に生かした地域づくりが必要であり、地域の力で育てて継続していくことが重要。関係者が連携・交流を盛んにしていくことが地域の発展につながり、他地域に情報を上手に発信していくことが必要。
  • 訪日外国人3,000万人を達成するためには地方にも呼び込まなければいけない。そのためには山陽、山陰、関西、九州、四国を結ぶような交通インフラの整備が重要。
  • 鳥取県・島根県それぞれ別々に観光の分野でPRするが、「山陰」という枠組みでやった方が首都圏には分かりやすい。山陰という一つの枠組みで協力を進めていくことが必要。
  • 人口減少を止めるには子供たちに地域に住みたいと思わせることが重要。刺激のある都会ではなく、地方に住みたいと思わせなければいけない。魅力のある地域にして産業を根付かせれば人口も増える。好循環を生み出したい。
  • 観光地の悩みは同じであるが、やはり観光=環境であると思う。環境を良くすれば人にやさしいとか、癒やしに結びついていく。
  • 夏には大型客船が寄港するなど、外国人観光客が来ているので、大山など圏域の冬の良さを南の国にアピールし、冬の集客につなげたい。
  • 鳥取県・島根県には歴史・文化があり、これらをエコツーリズムに結びつけて売り込んでいくことも必要。
  • この圏域は65万人で潜在的な能力を有しており、中小企業の発展、経済の発展により定住化が進むことで人口のダム効果も発揮できる。
  • 情報発信のツールを上手に使い、ソフト面を強化していくことが必要。地域の魅力の見える化が重要であり、自然や環境の素晴らしさ、スポーツ、エコツーリズムなど色んな魅力素材があり、モデル地域として取り組めればよい。
  • 就職、進学により地元を離れても、地元を自分の言葉で語ってほしい。そしてまた帰ってきて元気なまちづくりに参画してほしい。医療の充実はまちづくりの要であり、元気なまちづくりの基本は子供たちからである。
  • 地域のファンをつくることにより、継続してリピートしてくれる観光客につながる。本当に気に入っていただければ、将来、二地域居住や移住・定住につながる。
  • 観光客が来たくなる地域とするため、地域ブランドをどう作っていくか、色んな素材を集めてストーリー性を持たせて地域の皆で売っていくことが必要であるが、それをトータルでできるコーディネーターがいない。
このウィンドウを閉じる