車座ふるさとトーク in 富山

実施報告掲載

入善町(平成30年8月28日開催)

出席大臣等
野中農林水産大臣政務官

実施府省庁 農林水産省
開催日時 平成30年8月28日(火)14:00~15:30
開催場所 入善まちなか交流施設うるおい館
(富山県入善町)
テーマ 米の輸出拡大について
参加者数 10名
プログラム ・野中農林水産大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 農林水産省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 輸出先国である台湾のスーパーを視察した際、日本産米が全然売れておらず、日本食レストラン等の業務用米など、実際に海外でニーズのある米を生産したいという思いから、今年度から、業務用向けに「てんこもり」を輸出用米として作付け。
  • もともと六次産業化の取組の一環で米粉ラーメンを製造していたが、富山県主催の香港等での県産品の展示会で米粉ラーメンが好評となり、それをきっかけに、米の輸出にも取り組んでいる。
  • 輸出用米を栽培する際には、省力化して、低コストで高品質な米を生産していかなければならないと思う。
  • 海外での売値は、円換算で考えてはいけない、日本でも398円なら安いといった感覚があるように、中国では10元より安いなら買うという声がある。
  • 海外にはお寿司を食べる人がたくさんおり、お寿司と言えば日本なので、日本の米を輸出して、海外の人にも、是非日本の米でお寿司を食べてほしい。
  • スムーズに米の輸出に取り組めるような安定的な支援を要望。
  • 米の輸出については、政府も力を入れているが、先行きが不安。まずは、域内、県内、日本で食べてもらうことを考えているが、余った米をどうするか将来的に考えていく必要があると認識している。
  • 香港だけでなく、他の国にも輸出したいが、中国向けの輸出は取引の契約等、信用があまりなく、怖いイメージがある。
  • 政府には、民間では全く対応できない検疫等非関税障壁の撤廃に努めていただきたい。
  • 日本は人口が減っており、どこかで海外に向けて生産していく必要がある。先般、神戸からも中国に輸出したが、更なるコスト削減に向けて、富山港から中国に輸出したいので力をお借りしたい。
  • 経営理念として、「農業をもっとおしゃれに」を掲げている。未だに農業に対して持たれている「キツイ・汚い・稼げない」の3Kのイメージを払拭させて、農業をしたいと思う人を増やしたい。
  • 農業実習で農作業の大変さを実感しており、将来は関わりたくないという思いもあるが、素晴らしい部分もあるので農業の魅力を若者に伝えていってほしい。
  • 海外駐在員の話を聞いて思うのが、海外では女性経営者が非常に多く、逆に男性ばかりの日本が珍しい印象。入善町は、女性経営者が多く、そういう意味では先進的。

富山市(平成30年6月9日開催)

出席大臣等
大沼厚生労働大臣政務官

実施府省庁 厚生労働省
開催日時 平成30年6月9日(土)13:00~14:00
開催場所 富山市まちなか総合ケアセンター
(富山県富山市)
テーマ 子育て支援・保育
参加者数 9名
プログラム ・大沼厚生労働大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 厚生労働省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

テーマ1:普段の子育ての中で感じる不安、負担、困っていること
  • 子どもがインフルエンザでも、預かってくれる場所が欲しい。
  • フルタイムで働いているが、実家が子供の面倒を見てくれている。また、近くに病児保育や保健師センターなどがあり、助かっている。
  • 37.5℃以上になると、保育園から呼び出しが来るが、総合ケアセンターで面倒を見てもらえて非常に助かった。
  • しつけで悩んでいた際に、市の子育ての相談窓口に電話をしたら、すっきり気分転換になった。
テーマ2:子供の預け先など、どのようなサービスが必要と考えられるか
  • 保育園では、保育士が入院等で欠けた際には、周りの保育士が無理をして乗り越えているような状況。保育士の処遇改善が必要であり、また、有資格者を登録しておきヘルプで来てもらえるような仕組みがあればよいと思う。
  • 夫婦共働きで、迎えに行くのが遅くなってしまうので、フレックスタイム制で早く帰れることができれば助かる。遠方の保育園にしか入れず、会社の出勤時間に間に合わない家庭もあるため、会社に保育園があれば助かる。
  • 平日休みの仕事なので、土・日もやってくれる保育園で、非常に助かった。しかし、上の子が小学生になると、土日の面倒を見てくれるところがなく、やむなく土日休みの仕事に転職した。
  • 祖父母と同居していると、子供が放課後児童クラブに通えない。祖父母は高齢であり、放課後児童クラブに通わせたい。
  • 保育園の年齢構成によっては、各クラス一人ずつ担任がいないことが不安。
  • キャンプなど、父親がいないと行くことが難しいところに、保育士志望の学生などが付き添いで、母親の同伴だけで連れて行ってくれるボランティアがあり、富山は充実している。
  • 雨が降った時に遊びに行ける場所が少ない。

高岡市(平成27年10月27日開催)

出席大臣等
奥野総務副大臣

実施府省庁 総務省
開催日時 平成29年10月27日(金)14:00~15:30
開催場所 フリースペースおおてらハウス
(富山県高岡市)
テーマ 「加賀前田家ゆかりの伝統産業やまちなみを活かした 地域づくり」
参加者数 10名
プログラム ・奥野総務副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 総務省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 職人や問屋など幅広い職業の人が所属する高岡伝統産業青年会に加盟しており、地域や伝統産業全体を盛り上げる取組を行っている。
  • 「高岡まちっこプロジェクト」では、大学生に卒業後も高岡に残ってもらえるよう、大学生とのワークショップを通して、空き家を活用したカフェとシェアハウスを作ったり、空き家を巡るまち歩きを実施したりしている。
  • 金屋町では、青年会等の組織の人材不足に対応するため、各種団体を自治会の中にまとめ、町の将来について話し合い、「金屋町元気プロジェクト」を立ち上げ、空き家対策等の取組を行っている。
  • 東日本大震災を機に東京から移住し、カフェを経営しており、地元の野菜を使った料理を、高岡の職人が作る食器を利用して提供することで地域を盛り上げている。
  • リーマンショック後、県外等にネットワークを作るなど「外に出る」経営を行う中で、町工場で働く人が作るアート作品を展示するミュージアムを設立した。ミュージアムへの来館者が増えることで地域が活性化することが分かったので、この取組を広げたいと考えている。
  • 高岡には様々な宝物・魅力があるが、地元の人が価値を十分認識していないことに気付いたため、伝統産業の展示会開催や、伝統産業の職人と異業種との議論の場を通した新規事業の創出の手伝いを行っている。
  • 製品開発から販売まで携われる会社で働きたいと思い、高岡の金属加工会社で働くことを決めた。当初、高岡のことを何も知らずに移住したが、生活するにつれて、高岡の良さを感じている。
  • 高岡市は車社会であり、車庫が並ぶまちなみ、車を恐れて子供が遊ばないまちなみが、高岡市の原風景になってしまっている。車でどこにでも行けて、誰とも会わずに移動できるまちではなく、歩いて回れるまちづくりを行う必要があると考えるが、その際、地域住民の合意形成が課題だと感じている。高岡の再生のキーワードは「公共交通」「伝統産業」「歴史ある景観」と考えており、町家を活用したアートイベント、ギャラリーを開催している。
  • 東京ではコミュニティ(自治体や社会的な課題に取り組む団体等)間の交流がないが、高岡ではそうした各団体間の交流が活発で、1つの大きな規模のコミュニティを形成しており、会いたい人に会える仕組みになっている。
  • 金属の着色を学びたく高岡に移住し、銅器の着色を行う仕事を行っている。仕事外では、若手作家のメンバーとともにギャラリー等を開催している。

富山市(平成27年1月19日開催)

出席大臣等
越智内閣府大臣政務官(金融担当)

実施府省庁 金融庁
開催日時 平成27年1月19日(月) 10:00~11:50
開催場所 県民共生センター
(富山県富山市)
テーマ お金と暮らし(金融経済教育)
参加者数 14名
プログラム ・越智内閣府大臣政務官(金融担当)挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 金融庁ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 大人になる前に、小さい時からの積み重ねでお金の正しい使い方とか、大人も小さい子供も含めて家族で考えられるようになったらいいのではないか。
  • 本音としては、人を疑ってかかれというよりは、人とうまくかかわりながら、よりよい生き方をするのか、教育者として尊重していきたい。
  • 生徒に聞くと、授業や講座の中でデメリットの部分にスポットが当てられる。メリットの部分もより印象に残るよう説明すれば、生徒も投資に興味をもてるのではないか。
  • リスクと被害が混在している。少しでも預けたお金が減っていれば、リスクではなく、被害となってしまう。そこがまさしく知識教育が必要なところで、うまくすることで眠っているお金が働き出す。
  • 金融リテラシーマップのプログラムに基づいた講座を、より多く一般の方にも伝えられるような体制を早く整えてもらいたい。
  • NISAは、非常にわかりにくい。口座開設だけの人と実際活用している人のギャップが結構あるのではないか。NISAだけじゃなく、クレジット、保険、投資信託など、リスクの教育を重点的にしてほしい。
  • 被害ではないが、口座を開くだけでいいというNISAの勧誘が頻繁に行われるというトラブルの相談が入る。
  • ただ単にNISAでどうぞというわけではなく、顔の見える投資がいいと思う。
  • 投資して増やしたい気持ちはある。だけど、一番安全なところをいくと実質目減りしてしまう。少しでも増やそうとすると元本が保証されなくなる。ローリスクローリターンという商品が無いのが問題。
  • 講座を10年間やっている中で痛感するのは、契約知識の不足。どこに相談したらいいか分からないとかトラブル対処能力が欠けている点。契約認識をもっとしっかり小さい頃から学べば、自分が相手と合意していないものにはお金を出すということはありえないと分かる。
  • 銀行を使いやすくしてもらいたい。顔と顔との深い付き合いをぜひやってもらいたい。

入善町(平成25年6月12日開催)

出席大臣等
小野寺防衛大臣挨拶

実施府省庁 防衛省
開催日時 平成25年6月12日(水)15:10~16:20
開催場所 うるおい館
(富山県下新川郡入善町)
テーマ 自衛隊と地域社会の信頼を深める
参加者数 17名
プログラム ・小野寺防衛大臣からの挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 防衛省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 防災面では自衛隊は身近になっているが、訓練等の姿など、国防の観点からもう少しアピールした方がよい。また、自衛隊と離れている地域でも、地元イベントでの装備品展示などの自衛隊のPR機会をつくれば信頼関係が深まる。
  • 自衛隊と関係ある者として、写真展などにより自衛隊の紹介を行っており、今後も続けていきたい。
  • 息子が自衛官になるときは不安だったが、帰省時にその成長を感じて不安はなくなった。子供を通じて自衛隊について知ったことを地域の人たちに伝えていきたい。
  • 防災分野で元自衛官は頼りになるので、地域における自衛隊OBとの連携を図っていけるようにしたい。
  • 自衛隊から離れた地域において、自衛隊の支援が必要な災害が発生したときでも、部隊が間に合うように対応してほしい。
  • 周辺諸国との間の問題等に関し、もう少し強気で言って欲しい気がするが、戦争だけには絶対ならないようにしてもらいたい。
このウィンドウを閉じる