車座ふるさとトーク in 和歌山

実施報告掲載

広川町(平成29年3月25日開催)

出席大臣等
橘復興副大臣

実施府省庁 復興庁
開催日時 平成29年3月25日(土)13:00~15:00
開催場所 稲むらの火の館
(和歌山県広川町)
テーマ 東日本大震災からの復興:知見の共有と記憶の風化防止
参加者数 9名
プログラム ・橘復興副大臣からの東日本大震災からの復興について説明
・参加者との意見交換
リンク先 復興庁ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 広川町では、100年以上前から、町民のイニシアティブによる11月5日のお祭りの機会を活用して、記憶を風化させないための取組をしている。
  • 小学校4年生から「稲むらの火祭り」に参加し、5年生は祭りの式典で「稲むらの火」の話を暗記して朗読、6年生で「稲むらの火」についての歌を歌うといった経験を通じて、防災教育を受けており、地震の後は津波から逃げる、ということを住民が理解している。
  • 2016年11月5日の最初の「世界津波の日」の機会に、NHKが防災の特別番組を作成し、国際放送で世界に向けて発信した。それによって、外国人からの関心が高まったので、「稲むらの火の館」の案内を多言語化して発信している。また、「高校生サミット」で世界から高校生がたくさん来て、一緒に防災を考えるという機会が得られた。外国からの訪問者も増えている。
  • 安政南海地震において津波による被害の拡大を防ぐ役割を果たした濱口梧陵氏の津波時の公助の精神や防災対策や復興のための雇用対策について、語り部サークルが一般の訪問者に対し物語として語り継ぐことで、風化を防止している。
  • 小学校教育では、総合的な学習で防災学習と堤防の意義を、社会科で濱口梧陵氏を、道徳科で郷土愛と濱口梧陵氏を学ぶ。その他、年間5回の避難訓練も実施している。
  • 自然教室では、食べ物が無い状態やテントの中での手当など、不便な状況を生徒に経験させて防災意識を高めるといった、他校とは異なる独自の教育を行っている。
  • 4年生と6年生はジュニア防災検定を受けるなど、小学校課程を通じて体系的な防災学習を行っている。

湯浅町(平成29年1月29日開催)

出席大臣等
礒崎農林水産副大臣

実施府省庁 農林水産省
開催日時 平成29年1月29日(日)15:15~16:45
開催場所 有田振興局
(和歌山県有田郡湯浅町)
テーマ 事業の多角化等を通じた農業経営の発展について
参加者数 9名
プログラム ・礒崎農林水産副大臣挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 農林水産省ホームページ
開催の様子(動画)

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 最近では大卒・新卒の若者が会社(農業法人)に入ってくれる。後継者たちは会社を始めたころから一緒に働いており、経営継承にあまり不安はない。
  • 梅農家に嫁ぎ、農業を始めたが、なかなか経営継承がされなかった。経営継承の時期が遅いと、継承がされた頃には冒険心も失せてしまう。
  • 農業女子プロジェクトにおいてマルシェ等に出店したり、多くの人と接したりすることで、様々なヒントを得ることができた。
  • ドローン等の開発により、段々畑での農薬散布ができるようにしてほしい。
  • 新規就農し、4Hクラブ(農業青年クラブ)(注)等で勉強中である。今後は畑を広げ、売り先も直売所やデパート等に広げていきたい。
  • 子供を育てながら農業に取り組むのは困難である。子育て中の農家が発展できるような仕組みはないだろうか。
  • 周囲では経営継承がうまくいっておらず、Uターン者等が自由に経営できていない。経営継承が進むような仕組みを作ってほしい。また、Uターン者も経営塾に受け入れ、新規就農者等と交流しながら、経営について学べるようにしてほしい。
  • 山間地ゆえ、平坦な農地を確保しにくいのが悩みである。また、土地があっても農業インフラが整備されていなければ耕作は困難である。
  • 新規就農後、5年間は青年就農給付金による支援があるが、以降のサポートがあまりないように感じる。経営発展のため、さらに5年程度、何か支援があれば望ましい。
  • ハウスの設置等により減価償却費がかさみ、所得が伸びないため、融資等を受けにくくなってしまう。
  • 傾斜地での作業は困難である。農林水産省にはこれまでスプリンクラーや園内路等の整備を支援していただいたが、今後も支援をお願いしたい。
  • 道が狭く険しいため、樹園地との行き来が困難である。道を整備できないか。
  • 特に若手にとっては、農業は面白いと思えるような刺激が必要である。そのために、篤農家を招いて講演会を実施したいが、小規模企業では講師料を賄えない。農林水産省として補助できないか。
  • 補助金や収入保険は農業者の弱体化を進めるのではないか。

(注)「4Hクラブ」(農業青年クラブ)とは、20~30代の若い農業者が中心となり、農業経営の課題解決に向けた検討やより良い技術を検討するためのプロジェクト活動等を行うことにより、日本や世界で貢献できる農業者を目指す組織。

北山村(平成26年2月8日開催)

出席大臣等
伊藤総務大臣政務官

実施府省庁 総務省
開催日時 平成26年2月8日(土)14:50~16:30
開催場所 北山村村民会館
(和歌山県東牟婁郡北山村)
テーマ じゃばらの里 北山村の元気な地域づくり
参加者数 9名
プログラム ・伊藤総務大臣政務官挨拶
・参加者との意見交換
リンク先 総務省ホームページ

車座ふるさとトークでの主なご意見

  • 現在、じゃばら商品をインターネットで販売しているが、今後は海外も視野に入れて、じゃばらの販路を広げていきたい。
  • 高齢になっても職場があるということが生きがいに繋がっており、じゃばらのゼリーやシャーベットなどを一人でも多くの方に味わっていただけるよう、後継者ができるまで頑張りたい。
  • 郵便局のネットワーク網も活用し、じゃばらを通した北山村のPRをしていきたい。
  • 若い方には戻りたいが働き口がないというのが現状である。若い方達が安心して一人でも多く戻ってきて働けるような村づくりが必要。
  • 観光筏(いかだ)下りが、県や国の文化財になることを目指して頑張りたい。
  • 地域活性化をするためには、地域内でお金が回る仕組みを考えていくことも必要ではないか。
  • これまでは週に1度、車を1時間程度走らせ、近くの市町で買い物をしていたが、昨年村営のコンビニエンストアができて、特に出産時期に非常に助かった。
このウィンドウを閉じる