このページの本文へ移動

東京2020オリンピック聖火リレー
ルート周辺ではドローン禁止!

令和3年(2021年)3月5日

東京2020オリンピック聖火リレールート周辺ではドローン禁止!

東京2020オリンピックがいよいよ開幕します。これに先立ち3月25日から福島県を皮切りに東京2020オリンピック聖火リレーがスタートし、その聖火が121日間かけて全国47都道府県を巡ります。聖火ランナーや観客の安全を守るため、聖火リレーが行われる当日、その地域のルート周辺でのドローンの飛行は禁止となります。ご理解とご協力をお願いします。

東京2020オリンピック聖火リレーにおけるドローンの飛行規制

ここがポイント!

1

東京2020オリンピック聖火リレーはいつ、どこで行われるの?

2021年3月25日から7月23日まで全国47都道府県で行われます

オリンピック聖火リレーは、古代オリンピック発祥の地ギリシャ・オリンピアで太陽光から採火された炎を、ギリシャ国内と開催国内でリレーによって開会式までつなぐものです。その聖火は、多くの人によって運ばれ、開会式当日に、最終聖火ランナーによってメインスタジアムの聖火台に点火され、大会が終わるまで灯し続けられます。

東京2020オリンピック聖火リレーは、2021年3月25日に福島県をスタートし、7月23日まで、全国47都道府県、世界遺産や名所・旧跡・地域の人に愛されている場所など、859市区町村で行われます。

各地を走る聖火ランナーは、その地域出身のアスリートや著名人はじめ、公募によって選ばれた中学生以上の人たちです。約1万人がオリンピックのシンボルである聖火を掲げて走ります。

この121日間にわたる聖火リレーをスムーズに運営し、ドローンを用いたテロなどの危険から、聖火ランナーや沿道の観客の安全を守るため、聖火リレーが行われる当日は、ルートおよびその周辺でのドローンの飛行が禁止されます。

東京2020オリンピック聖火リレーのスケジュール

  都道府県 日程
1 福島県 3月25日(木)~27日(土)
2 栃木県 3月28日(日)~29日(月)
3 群馬県 3月30日(火)~3月31日(水)
4 長野県 4月1日(木)~2日(金)
5 岐阜県 4月3日(土)~4日(日)
6 愛知県 4月5日(月)~6日(火)
7 三重県 4月7日(水)~8日(木)
8 和歌山県 4月9日(金)~10日(土)
9 奈良県 4月11日(日)~12日(月)
10 大阪府 4月13日(火)~14日(水)
11 徳島県 4月15日(木)~16日(金)
12 香川県 4月17日(土)~18日(日)
13 高知県 4月19日(月)~20日(火)
14 愛媛県 4月21日(水)~22日(木)
15 大分県 4月23日(金)~24日(土)
16 宮崎県 4月25日(日)~26日(月)
17 鹿児島県 4月27日(火)~28日(水)
18 沖縄県 5月1日(土)~2日(日)
19 熊本県 5月5日(水)~6日(木)
20 長崎県 5月7日(金)~8日(土)
21 佐賀県 5月9日(日)~10日(月)
22 福岡県 5月11日(火)~12日(水)
23 山口県 5月13日(木)~14日(金)
24 島根県 5月15日(土)~16日(日)
25 広島県 5月17日(月)~18日(火)
26 岡山県 5月19日(水)~20日(木)
27 鳥取県 5月21日(金)~22日(土)
28 兵庫県 5月23日(日)~24日(月)
29 京都府 5月25日(火)~26日(水)
30 滋賀県 5月27日(木)~28日(金)
31 福井県 5月29日(土)~30日(日)
32 石川県 5月31日(月)~6月1日(火)
33 富山県 6月2日(水)~3日(木)
34 新潟県 6月4日(金)~5日(土)
35 山形県 6月6日(日)~7日(月)
36 秋田県 6月8日(火)~9日(水)
37 青森県 6月10日(木)~11日(金)
38 北海道 6月13日(日)~14日(月)
39 岩手県 6月16日(水)~18日(金)
40 宮城県 6月19日(土)~21日(月)
41 静岡県 6月23日(水)~25日(金)
42 山梨県 6月26日(土)~27日(日)
43 神奈川県 6月28日(月)~6月30日(水)
44 千葉県 7月1日(木)~3日(土)
45 茨城県 7月4日(日)~5日(月)
46 埼玉県 7月6日(火)~8日(木)
47 東京都 7月9日(金)~23日(金)

→詳細は「東京2020公式ウェブサイト オリンピック聖火リレールート情報」をご覧ください。

2

ドローン飛行が禁止される場所や期間は?

各地域の聖火リレー当日、ルートや関連施設、その周辺での飛行が禁止

飛行が禁止されるドローンは?

重さや大きさに関わらず、全てのドローンの飛行が禁止されます。機体重量が200グラム未満の小型のドローンも飛ばすことができません。

飛行が禁止される期間

聖火リレーが行われる当日。

飛行が禁止される場所

全国859市区町村で行われるルートの上空と、その周囲おおむね300メートルのエリアの上空。

→聖火リレールート周辺や関連行事の会場周辺のドローン飛行禁止区域については、国土地理院の地理院地図でご確認ください。

違反した場合は

飛行禁止区域でドローンを飛行させた場合、警察官はドローンの飛行を行う者に対し、機器の撤去その他の必要な措置をとることを命じることができます。また、一定の場合には、即時強制としてドローンの飛行の妨害、破損その他の必要な措置をとることができます。聖火リレールートの上空で飛行させたり、警察官の命令に違反したりした場合には、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」が科されます。

聖火ランナーと観客の安全を守り、全国を巡る聖火リレーを成功させるため、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

(取材協力:スポーツ庁 文責:政府広報オンライン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

カテゴリ

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)
ページトップ
に戻る