2016年10月20日

世界の合言葉「もったいない」食品ロスを減らすために ひと工夫!【字幕付】

食べ残したり使い切れずに捨ててしまう食料、お米に換算すると1日におにぎりを2個ずつ捨てていることになります。このように、食べられるのに捨てられてしまう食品のことを「食品ロス」といいます。日本における食品ロスは、年間約632万トンと推計され、これは全世界の食糧援助量の約2倍になります。食品ロスを減らすためには、私たち一人ひとり、そして食品事業者の方々の取組が必要です。大切なのは、食に対して「もったいない」という気持ちを持つことです。今回は、専門家に食材を長く貯蔵する工夫を聞き、食品ロスを減らす試みをしている福井県を取材しました。【字幕付】

リンク・著作権等について

ご意見・ご感想

関連サイト

  • 世論調査別ウインドウで開きます
  • 首相官邸別ウインドウで開きます

外部のウェブサイトに移動しますが、よろしいですか。
よろしければ以下をクリックしてください。

ご注意
  • リンク先のウェブサイトは、内閣府政府広報室のサイトではありません。
  • この告知で掲載しているウェブサイトのURLについては、2023年11月21日時点のものです。
  • ウェブサイトのURLについては廃止や変更されることがあります。最新のURLについては、ご自身でご確認ください。
Top