本文へ移動

ここから本文です

暮らしに役立つ情報

国の政策・施策・取組の中から、私たちの暮らしに身近な情報や役に立つ情報をまとめました。

記事の二次利用についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事を印刷する

平成30年3月6日

「新卒応援ハローワーク」と
「わかものハローワーク」が
あなたの就職活動を応援します。

大学・高専などの新卒者の方や卒業後おおむね3年以内の方には「新卒応援ハローワーク」、おおむね45歳未満の方で正社員就職を目指す方には「わかものハローワーク」が、あなたの仕事探しをお手伝いします。

1.若者の就職をめぐる状況

近年、新卒者の就職状況が改善し、大学の新卒者の就職(内定)率も上昇が続いています。しかし、就職を希望しながら未就職のまま卒業する学生もゼロではありません。

また、一度は就職したものの3年以内に離職する大卒者は約3割に上ります。

また、アルバイトやパートなどを続けるいわゆる「フリーター」の数は152万人(平成29年)、「フリーター」と同様の働き方をしている35~44歳の数は53万人(平成29年)となっており、この中には「正規の職員・従業員の仕事がない」ためにフリーターを選んでいる人も含まれるとみられます。

こうした状況を踏まえ、若者の就職を応援するために様々な施策が行われています。その中で「新卒応援ハローワーク」と「わかものハローワーク」をご紹介します。

2.新卒者や卒業後おおむね3年未満の方の就職を応援する「新卒応援ハローワーク」

「新卒応援ハローワーク」では、大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生や、これらの学校を卒業した方(おおむね卒業後3年以内)を対象に、様々な就職支援を行っています。

(1)「新卒応援ハローワーク」の特徴は?

◆利用はすべて無料

個別支援やセミナーの受講などは、事前の予約が必要な場合があります。

◆「ジョブサポーター」が担当制で個別に対応します。

まず窓口で登録していただくための最初の面談を行います(登録のための予約は必要ありません)。
相談には、大学の就職支援や企業の人事・採用経験者など、就活に関して豊富な知識と経験を持つ専門スタッフである「ジョブサポーター」が対応します。最初の面談を経て一人ひとりに担当のジョブサポーターがつきます。その後は、担当のジョブサポーターが相談者の希望に合わせた個別支援できめ細かな支援を行います。

(2)「新卒応援ハローワーク」はどこにあるの?
全国に57か所、すべての都道府県にあります。詳しくはこちらから。

(3)どんな支援を受けられるの?
主に次のような支援を行っています。

◆幅広い相談に応じます

「いい求人はないかな?」「応募の仕方がわからない」「希望の仕事が見つかるか不安だ」など、仕事探しに当たっての各種相談を受け付けています。

例)・エントリーシートや履歴書の作り方

・模擬面接などによる面接指導

・臨床心理士などによる心理面の相談も

◆就活フェアや各種セミナーを開催。参加費は無料です

年間を通じて、就職面接会やセミナーなどの就活イベント(参加費無料)を開催しています。セミナーでは、例えば就職活動の進め方講座から、ビジネスマナー、面接基本対策講座、就活メイク講座など硬軟取り混ぜたメニューを用意しています。また、職業適性検査や職業興味検査なども受けられます。各地の就活イベントはこちらから。

◆全国の求人情報を検索できます

地元企業はもちろん、全国の求人をインターネットで探せるので、「UIJターン就職」のような、地元・地方での就職の希望や悩みにもこたえられます。

インターネット求人情報は、スマホやご自宅のパソコンからも探せます。

大卒等就職情報WEB提供サービス

ハローワークインターネットサービス

新卒応援ハローワークでは、ネット上で公開していない求人情報も用意しています。ぜひ窓口をお訪ねください。

なお支援メニューはハローワークによって異なることがあります。また、利用には事前の申込み(予約)が必要な場合があります。詳しくはお近くの新卒応援ハローワークにお問い合わせください。

3.おおむね45歳未満の、正社員就職を目指す方を支援する「わかものハローワーク」

全国の「わかものハローワーク」では、おおむね45歳未満の方で、「就業経験が少ない」「様々な事情で離職転職を繰り返している」といった方などを対象に、正社員就職に向けた支援を行っています。現在、契約社員や派遣社員として働いている方で、正社員としての転職を希望される方も、お気軽にご相談ください。

これまで「わかものハローワーク」を利用して就職が決まった方の約85%が正社員で採用されています。

わかものハローワークを利用して就職した方の雇用形態

出典:厚生労働省「若者雇用促進総合サイト」>「就職活動中の方へ」をもとに作成

(1)「わかものハローワーク」の特徴は?

◆利用はすべて無料

個別支援やセミナーの受講などは、事前の予約が必要な場合があります。

◆「就職支援ナビゲーター」が担当制で個別に対応します。

企業の人事労務経験などの経験を持つ専門の職員である「就職支援ナビゲーター」があなたの担当者として、個別支援を行います。初回利用時に、一人ひとりの状況に合わせて正社員就職に向けた支援プランを作成し、早期就職実現のためにきめ細かい職業相談や職業紹介、アドバイスなどを行います。

(2)「わかものハローワーク」はどこにあるの?

「わかものハローワーク」は全国に28カ所あります。また、「わかものハローワーク」がない地域でも「わかもの支援コーナー」や「わかもの支援窓口」の名称で、同様の支援を行っているハローワークもあります。

詳しくはこちら

また、「わかもの支援窓口」の所在地については、各都道府県の労働局又はハローワークにお問い合わせください。

(3)どんな支援を受けられるの?
主に次のような支援を行っています。

◆幅広い相談に応じます

「いい求人はないかな?」「応募の仕方がわからない」「希望の仕事が見つかるか不安だ」など、仕事探しに当たっての各種相談を受け付けています。

例)・履歴書や職務経歴書の作り方

・模擬面接などによる面接指導

◆全国の求人情報を検索できます

地元企業はもちろん、全国の求人をインターネットで探せるので、「UIJターン就職」のような、地元・地方での就職の希望や悩みにもこたえられます。
なおインターネット求人情報は、スマホやご自宅のパソコンからも探せます。

ハローワークインターネットサービス

「わかものハローワーク」では、ネット上で公開していない求人情報も用意していますので、ぜひ窓口をお訪ねください。

◆就職後のフォロー

就職後の定着支援や、若者の「使い捨て」が疑われる企業などの相談に応じます。

◆長期間非正規雇用で働いている方への支援

・短期・集中的なセミナー

東京・神奈川・愛知・大阪・福岡では、経験交流やキャリアコンサルティング等、5日間程度の短期・集中的なセミナーを開催しています。

・職業訓練の紹介

職業訓練への誘導から職業訓練受講給付金の支給、就職支援までをワンストップで実施しています。

<取材協力:厚生労働省 文責:政府広報オンライン>

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページ
トップ