本文へ移動

ここから本文です

暮らしに役立つ情報

国の政策・施策・取組の中から、私たちの暮らしに身近な情報や役に立つ情報をまとめました。

記事の二次利用についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事を印刷する

平成30年4月9日

小学1年生の歩行中の死傷者は
6年生の3倍以上!
新1年生を交通事故から守るには?

小学生の歩行中の交通事故(平成25年~29年)をみると、小学1年生の死傷者数は6年生の3倍以上、死者に絞ると1年生は6年生の8倍に上ります。新1年生の「歩行者デビュー」のため、子供に教えられること、大人ができることを考えてみませんか?

1.小学生の交通事故の特徴は?

学年別の死傷者は1年生が最も多く、学年が進むにつれて減少する。

警察庁が平成25年(2013年)~平成29年(2017年)に起きた交通事故を分析したところ、歩行中の小学生の死傷者はこの5年間で2万7,264人に上ります。
(資料:警察庁「児童・生徒の交通事故」[PDF]

学年別にみると(図1)最も多いのは小学1年生の7,461人で、学年が進むにつれて減少し、最も少ないのは小学6年生の2,085人となっています。死者に絞ると、最多は小学1年生の32人で、最少は小学6年生の4人となっています。
歩行中の交通事故については、死傷者では小学1年生は6年生の3倍以上、死者に絞ると8倍に上ります。

図1 小学生の歩行中の交通事故(平成25年~29年)

死傷者数

死者数

(資料:警察庁「児童・生徒の交通事故」「小学生 歩行中の交通事故」[PDF]

小学校1年生になると行動範囲が広がり、子供だけで行動することが増えます。登下校を集団で行う場合でも、集合場所と自宅の往復は子供だけで歩くことがありますし、下校時に道草をしたくなることもあるでしょう。小学1年生は、いわば自分一人で歩く「一人歩きデビュー」の時期でもあります。
子供たちが交通ルールを身につけ、無事に一人歩きデビューできるようにするために、大人にできることは何でしょうか。

2.事故防止のため子供に教えられることは?

子供の視点に立って、安全な横断の仕方を教えましょう

小学1年生が安全に道路を歩けるようになるためには、家庭でも交通安全教育を十分に行うことが重要です。子供が小学校に入る前から、また、小学校に入ってからも、通学路や公園など子供の行動範囲を一緒に歩きながら、繰り返し交通ルールや安全な歩き方を身に付けさせましょう。

◆安全な横断の仕方をしっかり教えましょう

小学1年生の歩行中の交通事故は「横断中」に多く起こっています。子供が安全に道路を横断できるようにするために、次のことをしっかりと教えましょう。

  • 横断歩道橋、横断歩道や信号機が近くにあるときは、そこまで行って横断すること
  • 横断する前に、「必ず立ち止まる」「右左(みぎひだり)をよく見る」「車が止まっているのを確認する」こと
  • 信号が青のときも、必ず右左を見て、車が止まっていることを確認してから横断すること
  • 横断中も、右左を確認しながら歩くこと

青信号でも右左を確認

◆子供の目線で確認しましょう

子供と大人では目の高さが大きく異なります。大人ならば遠くまで見通せる場所でも、子供の目の高さからは見通せないことがあります。道路脇に止まった車、塀や生け垣、立て看板などがあればなおのこと。
子供と一緒に通学路などを歩き、子供の視点から交差点や横断歩道、見通しの悪い場所などの危険箇所を確認しましょう。

例えばこんな場所では…

・交差点では
交差点では、信号が青のときでも、横断中に、左折・右折をする自動車が進行してきます。低学年の子供は身長が低いため、ドライバーから見えないことも。特にバスやトラックなどの大型車両では、子供が死角に入ってドライバーが気付かないため事故に巻き込まれる危険があります。
左右から来る自動車があることを教え、信号が青になってもすぐに渡らず、自動車が止まってから横断するよう教えましょう。また、信号が点滅しているときに走って渡ろうとすると、右・左折の車との関係で特に危険です。

左折・右折の自動車に注意

・見通しの悪い交差点や曲がり角
見通しが悪い交差点や曲がり角では、急に車や自転車が飛び出してくることもあります。そのような場所では、立ち止まって右左を見たり、先に頭を出して見たりする動作も教えましょう。

見通しの悪い交差点では・・・

止まって右左を確認

・車や看板で道路の向こうが見えないとき
駐車中の自動車や看板などで、向こうから来る自動車やバイク、自転車などが見えないことがあります。見えなくても近付いて来る自動車などに気を付けなくてはならないことを教えましょう。この場合も、先に頭だけを出して見てみる動作も教えましょう。

3.事故防止のため大人ができることは?

交通ルールの手本や他の通行者への思いやりを示しましょう

子供に交通事故防止を教えるためには、まず、周囲の大人がふだんからお手本を示すことが大切です。子供が見ているところで、信号を無視したり、横断歩道がすぐ近くにあるのに、違うところを横断したりしたことはありませんか。子供は大人の真似をします。子供が交通ルールを守って、安全に道路を歩けるようにするために、大人も交通ルールを再確認し、交通ルールを守りましょう。

交通ルールの再確認はこちら

警察庁「交通の方法に関する教則」

また、自動車やバイク、自転車を運転する方が路上で子供を見かけたときは、子供は自動車などに気付かないものと考えて、運転者側が速度を落としたり、子供から間隔を開けたり、一時停止したりするなどの配慮をしましょう。
子供が道路を横断しようとしているときは、安全に横断できるよう一時停止し、渡り切るのを確認してからゆっくり発進しましょう。通学路や住宅街では、子供が急に飛び出してくることもありますので、速度を落として通行しましょう。信号のある交差点でも、子供を見かけたら飛び出してこないか確認してから発進しましょう。
特に、下校時は、学年ごとに行動が異なり、運転に当たっては目立ちにくいため気を付けましょう。

交通事故から大切な命を守るために、運転する方も、歩行者の方も、思いやりの気持ちをもって、子供たちの安全な歩行をサポートしましょう。

囲み記事

小学生の歩行中の事故~全体の傾向をみてみよう

小学生全体の歩行中の交通事故について、発生した月や時間帯、子供が歩行していた目的ごとにみると、次のようになります。
※各図表は下記をもとに作成しています。
警察庁「児童・生徒の交通事故」[PDF]

◆事故が多い時期・時間帯は…

  • 月別では「4月~7月」と「10月・11月」が多く、最多は5月。(図2)
  • 時間帯では、「午前7時台」「午後3時台~5時台」が多く、最多は午後3時台(図3)
  • 登下校や遊び(遊戯、訪問)のために外出した際に事故が多い。最多は「下校中」(図4)

小学生の歩行中の交通事故(平成25年~29年)

図2 月別の死傷者数

図3 時間帯別の死傷者数

図4 通行目的別の死傷者数

◆事故が多い場所は…

  • 交差点内での衝突事故が最も多い
  • 横断中の事故が最も多く、横断歩道でも発生している

子供がきちんと信号を守ったり、横断歩道を渡ったりするなど、交通ルールを守っていても、交差点で自動車が無理やり進入してきたり、右折や左折をしたりする際に、ドライバーが横断中の子供に気付かず、事故に至ってしまうケースも発生しています。

<取材協力:警察庁 文責:政府広報オンライン>

みなさまのご意見をお聞かせください。

本文へ移動

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)


ページ
トップ