本文へ移動

ここから本文です

暮らしに役立つ情報

国の政策・施策・取組の中から、私たちの暮らしに身近な情報や役に立つ情報をまとめました。

新たな手口のヤミ金融に注意!
「#個人間融資」「給与ファクタリング」

令和3年(2021年)4月1日

新たな手口のヤミ金融に注意!「#個人間融資」「給与ファクタリング」

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、仕事を失ったり収入が激減したりする人が増えています。こうした中で、生活資金にお困りの方を狙った「#個人間融資」「給与ファクタリング」などといった手法には十分注意が必要です。安易に利用すると、法外な高金利での貸付けやしつこい取り立てなどの被害に遭う危険があります。

ここがポイント!

  • 1

    「#個人間融資」は何が危険なの?

    「#個人間融資」とは、SNSなどで個人間であることをうたってお金の貸付けを行うものです。利用すると、法外な高金利での貸付けの被害に遭ったりするなど、様々な犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険があります。

    ↓もっと詳しく(約1,240字)

  • 2

    「給与ファクタリング」って何?

    給与ファクタリングとは、個人の給与を買い取って金銭を交付し、給与支払日などにその個人を通じて資金の回収を行うものです。利用すると、年率に換算して数百%にもなる手数料を支払わされたり、悪質な取立ての被害を受けたりするおそれがあります。

    ↓もっと詳しく(約940字)

  • 3

    生活資金に困ったときは?

    公的な貸付制度を実施している機関(社会福祉協議会等)にご相談ください。無利息や低金利で、お金を借りられる公的融資制度があります。

    ↓もっと詳しく(約810字)

  • コロナ禍で広がるヤミ金融「給与ファクタリング」「#個人間融資」

1

「#個人間融資」は何が危険なの?

犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険があります。

「#個人間融資」という言葉を目にしたことはありませんか?
これは、 SNSなどで個人間であることをうたってお金の貸付けを行う際に用いられているものです。
こうしたSNSにおける個人間融資については、たとえ個人が行う場合であっても、貸金業法の規定に抵触する場合がありますので注意が必要です。

もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

政府広報

カテゴリ

みなさまのご意見をお聞かせください。

みなさまのご意見をお聞かせください。(政府広報オンライン特集・お役立ち記事)

Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか?
Q1.この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? (50文字以内)
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか?
Q2.この記事は役に立つ情報だと思いましたか? (50文字以内)
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか?
Q3.この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? (50文字以内)
ページトップ
に戻る